てらろぐ
季刊「あきばさん」
坐禅
写経会
梅花講

秋葉山 新井寺

新井寺のこと ご供養のこと お墓のこと 瓏仙院のこと 花屋 秋葉山
「花屋 秋葉山」では、
従来の仏花にとらわれず、
仏様お一人おひとりのイメージにあった色やお花で
最高のご供養ができればと思っております。
お花をお供えする方のお気持ちが仏様に伝わりますよう、
真心をこめて束ねます。
            
『おはなのおはなし』 
いま、流行っている花 〜 「日常の花束」

時代の流れによって、街並みやファッションが変わるように、花にも流行があります。
品種改良で花の品種が増えたり、想像力豊かな花屋が多くなってきたことにより、
花屋が束ねる花束はずいぶんと変わったように思います。
また、元来、花に求めることは、安らぎや華やかさでしたが、
近年は、それにプラスして花をデザインする時代へと変わりました。
材料、作り手、人々の思考の変化により生まれた「いま流行っている花」について、
今年は書いてみたいと思います。

第一回目は「日常の花束」です。

最近は小さな花も大きな花も、草花などもいれて、
なんとなく束ねる花束を好む人が多い傾向にあるようです。
しかし、一昔前に流行っていたカスミソウたっぷりで、
赤も白もピンクも黄色も、バラもユリもカーネーションもひまわりも
というように、なんでもいれて華やかに!というのとは異なるようです。

いま流行っているのは色々入れてなんとなく束ねるのだけど、
なんだかまとまっていて素朴できれいだなと感じる花束のようです。
さりげなく花があり、その花があることによってなんとなく落ち着くという感じ。
人間でいえば、品のある大らかな人という感じでしょうか。

いま流行の花束にいれるのに欠かせないのが、グリーンです。
グリーンは、花の魅力を引き立ててくれる重要な役割を果たしています。
グリーンも花と同じように、力強さを表現してくれるものや
しなやかさを表現してくれるものなど様々です。

花を知ることは、心を知ることにつながっています。
存在感のある花を求めていた時代から、
洗練された素朴な花を求める時代へと変わってきたいま、
現代人はほっと落ち着ける場所を求めているのではないかと思いました。

                              (花屋 秋葉山 店主しるす)
                      
                       季刊『あきばさん』29年春ひがん号より
            
 キクの花束
1束 3,000 円
 いつもの花束
 1 束 800 円
 モダンな花束
1 束 2,000 円
 ハートアレンジメント
  1個 7,000 円
 
お供えアレンジメント
 1個 6,000 円
胡蝶蘭、シンビジウム、シクラメンなど、鉢植えのお花をご用意します。
シクラメン  
シンビジウム
ハイビスカス  
■ ご予算・ご希望に合わせて、ご本堂 ・ ご自宅 ・ お墓 ・ 贈りものなどの花束やアレンジメントをおつくりします。
  仏花以外のご用意も可能です。
■ 1日 ・ 15日 ・ ご命日 ・ お盆 ・ お彼岸 ・ 年末年始など、お客様に代わってお花をお供えする「お墓花代行サービス」を行なっています。
   * 「お墓花代行サービス」のお支払いは、原則として前金制とさせていただきます。
       事前に直接お支払いいただくか、ご郵送、または指定口座へのお振込をお願いします。まずは、お問い合わせください。
   * サービス可能地域につきましては、ご相談ください。
■ 1,000円以上の花束と単品のお花のご注文は、3日前までにご予約をお願いします。
   * ご予約は、お電話・FAX・メールで受付いたします。
■ 枕花・ご葬儀のお花、承ります。
■ 配送も行なっています。詳細は、ご相談ください。
花屋 秋葉山 ( はなや あきばさん )

「ご予約商品」注文例は こちら

Tel 047-357-8319
Fax 047-357-8399
Mail info@shinseiji.jp
このページのトップへ
CopyRight © shinseiji. Co.,ltd. All Rights Reserved.