てらろぐ
季刊「あきばさん」
坐禅
写経会
梅花講

秋葉山 新井寺

新井寺のこと ご供養のこと お墓のこと 瓏仙院のこと 花屋 秋葉山
毎月 1 回  土曜日 午後 2 時 〜 4 時
(日にちは「てらろぐ」などでご確認ください)
読経(「般若心経 和訓」)・法話・写経・茶話会
 全席 椅子席です
日本における写経は、仏道修行のひとつとして、また、仏道を広め心願成就を祈るためにはじまったといわれています。
身体と心を調えて行なう写経は、仏さまと向き合い、仏さまの教えに通じ、
多くの人びとの「心の支え」となってきました。現代社会に生きる我われにも、
「心のうるおい」となり、「いま」を生きる力となっていくことでしょう。

新井寺の写経会では、お手本の上を丁寧になぞっていくというスタイルをとっています。
文字の巧拙や書道の経験などは、まったく問いません。
筆ペンをお使いいただいても構いません。
「般若心経」は、276文字(『摩訶般若波羅蜜多心経』の題名から本文の最後までの文字数)のお経です。
原稿用紙1枚にも満たないのですが、最後まで書きあげるには、なかなかのエネルギーが必要です。
けれども、共に写経をしている仲間のおかげで、最後まで書きあげることができるのです。

ご自身の心の修養に、大切な方のご供養のために、祈りと願いを念じて、筆をとってみませんか。
このページのトップへ
CopyRight © shinseiji. Co.,ltd. All Rights Reserved.